Z8S180で作成したI2C回路をTMPZ84C015(AKI-80)に移植してみました。
Z80バス(パラレル8bit)to I2Cバス変換はZ8S180で使用したPCA9564Dを使用しています。また、I/Oアドレス選択用に74HC138を使用しています。

PCA9564D はDigkeyで購入していたものです。SOP20pin(1.27mmピッチ)なので変換基板でDIP20pinに変換します。
PCA9564Dの電源は3.3Vなので、三端子レギュレータ等で5V→3.3Vの電圧変換が必要です(回路図には三端子レギュレータは図示していません。)

74HC138によるPCA9564D I/Oポートのアドレス選択はZ8S180と同じにしてソフト変更をしなくて済むようにしています。
PCA9564D I/Oポートアドレス 0x80~0x83

I2Cデバイスには、PCA9564DのSDA,SDC,GND,VCC(5Vor3.3V)を接続します。
I2Cの電源端子は、5V用と3.3V用があるのでI2Cデバイスの電源電圧の確認が必要です。

回路図は下記の通りです。AKI-80のCN4,CN3,CN1にそれぞれ接続します。

TMPZ84C015, Z80, I2Cの関連記事
  • Z80(TMPZ84C015)に萌えたい。CP/M BIOS編2
  • Z80(TMPZ84C015)に萌えたい。CP/M BIOS編1
  • Z80(TMPZ84C015)に萌えたい。64KRAM化ソフト編その2(モニタ)
  • Z80(TMPZ84C015)に萌えたい。64KRAM化ソフト編その1
  • Z80(TMPZ84C015)に萌えたい。64KRAM化ハード編
  • Z80(TMPZ84C015)に萌えたい。I2Cソフト:EEPROM その1
おすすめの記事
Z80
USB-シリアル変換モジュール(AE-UM232R 秋月電子)を使用して、Z80との 通信ができるようにします。 まず、シリアル通信用のクロ...
monitor
拡張したSRAM上で動作するモニタを自動的に転送するコマンドを追加しました。 コマンドは”t”です。 合わせて、オープニング時にBBR、CB...