USBasp購入したけど、結局1台自作しました

回路図は,USBaspのHomeのを参考にしました

ヒューズとしてポリスイッチを追加しました
(秋月電子で購入^^)

でも、高さが高すぎて(電解コンデンサーが大きかった^^;)
うまく、蓋がしまらないのでした。

こんな感じ

IMG_3577

早速ソフトいれて、動作確認ちゃんと動きました(ホッWWW)

書き込みのコマンドを整理してみます

AVRーCPUの情報を読む

$ avrdude -v -p m88 -c usbasp -P usb -F

フラッシュROMに書き込みする

$ avrdude -v  -p m88 -c usbasp -P usb -F -e -U flash:w:z80.hex

EEROMに書き込みする

$ avrdude -v  -p m88 -c usbasp -P usb -F -e -U eeprom:w:z80.eep.hex

ヒューズを書き換える
L側:
$ avrdude -v -p m88 -c usbasp -P usb -F -u -U lfuse:w:0xff:m
H側:
$ avrdude -v -p m88 -c usbasp -P usb -F -u -U hfuse:w:0xdd:m

自作しても、確実に書き込みできることができました^^

 

 

 

AVRの関連記事
  • Arduinoに湿度センサー(AM2321)を繋いでみる。
  • USBaspフリスク自作しました^^
  • Ubuntu1204でAVRマイコンの開発環境を構築
おすすめの記事
monitor
拡張したSRAM上で動作するモニタを自動的に転送するコマンドを追加しました。 コマンドは”t”です。 合わせて、オープニング時にBBR、CB...
Z80
前回のI/Oポートに SPI接続できるSDカードを接続したいと思います。 SDカード自体が3.3V動作なので、電圧変換が必要になります。 変...
Z8S180
内蔵タイマーの確認を行ってみました。 内蔵タイマーは2チャンネルありますが、ここでは1チャンネルだけでLED 点滅(といっても 20mSの速...