いろんな 8bit系CPUのアセンブラをサポートしているasxxxxをインストールして、z80との連携を探ってみたいと思います。

まずは、asxxxXをインストール。
asxxxxホームの Get the "ASxxxx Cross Assemblersのアイコンをクリックして、
ASxxxx Cross Assemblers Source Code as Zipped file(4578K)を選択して
ブラウンザーからダウンロードするか、下記のwgetで入手します。

$ wget ftp://shop-pdp.net/pub/asxxxx/asxs5p10.zip
新しいバージョンになりました。こちらをダウンロードしてください
$ wget ftp://shop-pdp.net/pub/asxxxx/asxs5p20.zip

解凍します。
$ unzip -L -a asxs5p20.zip

コンパイル会場に移動します。
$ cd asxv5pxx/asxmak/linux/build

コンパイルします
$ make

実行ファイルを 今回は /usr/local/binにコピーします。
実行ファイルのディレクトリーに移動。
$ cd ../exe
実行ファイルをコピー
$ sudo cp asz80 /usr/local/bin
$ sudo cp aslink /usr/local/bin

ちょっと余談ですが、asez80の実行ファイルを発見! ez80のアッセンブルができそうwww

一番簡単なプログラムを作成して、一連の動作を確認してみます。

起動して、すぐHALTしてしまうプログラムwww ちゃんと意味あるんですよwww
HALT端子がlowに落ちるのでLEDを接続してると点灯します。メモリのリード動作の確認に使えそうです
(Z80 及び Z180系のお話でしたwww)

vimで新規に次のプログラムを新規作成します。
ファイル名をここでは halt.asmとしました。
.area TEST (ABS)
.org 0x0000
halt

アセンブルします。
$ asz80 -l -s -o ./halt.asm

アセンブルと同時に リストファイルとシンボルファイルを作成します。
リンカーには halt.relを渡します。

リンカーに通して、ヘキサファイルを作成ます。
$ aslink -i halt

ヘキサファイル halt.ihxが作成されました。
:010000007689
:00000001FF

参考サイト
MacでX1のクロス開発(アセンブラ準備編)さんの記事を参考にいたしました。

asxxxx, z180, z80の関連記事
  • ASxxxx のインストール
おすすめの記事
未分類
windows環境でのシリアル端末は、TeraTermが有名ですが、Ubuntuで 簡単に導入できるGUIのシリアル端末を探してみました C...
asxxxx
いろんな 8bit系CPUのアセンブラをサポートしているasxxxxをインストールして、z80との連携を探ってみたいと思います。 まずは、a...
未分類
Raspberry Pi が巷では流行ってるので、今どき珍しいですが、Z80の開発環境を構築したいとおもいます。とりあえず、セットアップは終...