すでにあるSDCCはバージョンが古いので、最新版をソースからインストールしてみました。(2017年9月3日に更新しました)
今回も、Raspberry Piにインストールします。(今回新たにPi 3で再挑戦してみました)

まず初めに必要なライブラリーをapt-getでインストールします。
$ sudo apt-get install gputils bison flex libboost-dev libboost-filesystem-dev libboost-thread-dev texinfo
(makeの途中でエラーになりますので 新たに texinfoを追加しました。)

次にソースを入手します。wgetを使用します。(SDCC 3.6.0に更新しました 2017年9月3日)
wget http://sourceforge.net/projects/sdcc/files/sdcc/3.6.0/sdcc-src-3.6.0.tar.bz2

解凍します
$ tar xvjf sdcc-src-3.6.0.tar.bz2

インストールディレクトリーに移動します
$ cd sdcc-3.6.0

コンフィグします。(すべてのCPUを対象とします)
$ ./configure

メイク(コンパイル)します。
$ make
自己コンパイルなので、気ままにまちましょう。(50分ほどコーヒーブレイク ちょっと長いですねwww)

インストールします。
$ sudo make install

バージョンを確認します。
$ sdcc -v
SDCC : mcs51/z80/z180/r2k/r3ka/gbz80/tlcs90/ds390/pic16/pic14/TININative/ds400/hc08/s08/stm8 3.6.0 #9615 (Linux)
published under GNU General Public License (GPL)

無事インストールできたみたいですwww

おすすめの記事
未分類
windows環境でのシリアル端末は、TeraTermが有名ですが、Ubuntuで 簡単に導入できるGUIのシリアル端末を探してみました C...
未分類
Raspberry Pi が巷では流行ってるので、今どき珍しいですが、Z80の開発環境を構築したいとおもいます。とりあえず、セットアップは終...
asxxxx
いろんな 8bit系CPUのアセンブラをサポートしているasxxxxをインストールして、z80との連携を探ってみたいと思います。 まずは、a...