Raspberry Pi が巷では流行ってるので、今どき珍しいですが、Z80の開発環境を構築したいとおもいます。
とりあえず、セットアップは終わっていること前提で進めますね^^

もし、まだって方は、こちらを参考にしてね(セカンドライフのOpenSim導入ですけど前半は
Raspberry Pi のインストール手順が書いてあるので参考になるとおもいます。

C言語の開発ということで、定番のSDCCをインストールします。
(Raspberry Pi とは、LAN経由のリモートアクセスで接続しています)

 SDCCをインストールします。
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get install sdcc

 無事インストールできたら バージョン確認します。
pi@raspberrypi ~ $ sdcc --version
SDCC : mcs51/gbz80/z80/z180/r2k/ds390/pic16/pic14/TININative/ds400/hc08 3.1.0 #7066 (Apr 25 2013) (Linux)

ついでにZ80 simulatorもインストール
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get install sdcc-ucsim

バージョン確認^^
pi@raspberrypi ~ $ sz80 -v
sz80: 0.5.4

今日はここまで^^ 短かwww

 

 

 

 

 

 

 

未分類の関連記事
  • Raspberry Pi で Z80ソフト開発
  • GUIのシリアル端末
  • Ubuntu 12.10 日本語 Remix の インストール
おすすめの記事
asxxxx
いろんな 8bit系CPUのアセンブラをサポートしているasxxxxをインストールして、z80との連携を探ってみたいと思います。 まずは、a...
未分類
Raspberry Pi が巷では流行ってるので、今どき珍しいですが、Z80の開発環境を構築したいとおもいます。とりあえず、セットアップは終...
未分類
windows環境でのシリアル端末は、TeraTermが有名ですが、Ubuntuで 簡単に導入できるGUIのシリアル端末を探してみました C...