CentOS6にOpenSimをソースからコンパイル/インストールしたいと思います。

まず、実行環境であるmonoをコンパイル/インストールします。

libgdiplus拡張ライブラリーのコンパイル
Mono実行環境のコンパイル

となります今回はmonoの実行環境に必要なlibgdiplus拡張ライブラリーを先にコンパイル/インストールします。

まず、monoで必要なライブラリー、ツールを事前にyumでインストールします

こちらのPhonicUK Wikiさんのwikiを参考にインストールしてみました

# yum install bison gettext glib2 freetype fontconfig libpng libpng-devel libX11 libX11-devel glib2-devel libgdi*

# yum install libexif glibc-devel urw-fonts java unzip gcc gcc-c++ automake autoconf libtool make bzip2 wg

今回はmonoの実行環境に必要なlibgdiplus拡張ライブラリーを先にコンパイル/インストールします。

インストールにあたり、=Cresc.=さんのブログを参考にさせていただきました

mono-projectのダウンロードよりソースを取りにいきます

/usr/local/src で展開

# cd /usr/local/src

# wget http://download.mono-project.com/sources/libgdiplus/libgdiplus-2.10.9.tar.bz2

# tar jxvf libgdiplus-2.10.9.tar.bz2

# cd libgdiplus-2.10.9

# ./configure

以下のようなエラーがでてしまいました

configure: error: Cairo requires at least one font backend.
Please install freetype and fontconfig, then try again:
http://freetype.org/ http://fontconfig.org/

以下のDevelが必要です

# yum -y install freetype-devel

# yum -y install fontconfig-devel

再度 configure します

# ./configure

よく見ると EXIF tags及び、TIFFとJPEGとGIFのサポートがNoになっています

Configuration summary

* Installation prefix = /usr/local
* Cairo = 1.6.4 (internal)
* Text = cairo
* EXIF tags = No. Get it from http://libexif.sourceforge.net/
* Codecs supported:

- TIFF: no (Get it from http://www.libtiff.org/)
- JPEG: no (Get it from http://freshmeat.net/projects/libjpeg)
- GIF: no (See http://sourceforge.net/projects/libgif)
- PNG: yes

NOTE: if any of the above say 'no' you may install the
corresponding development packages for them, rerun
autogen.sh to include them in the build.

必要なライブラリーをインストールします

# yum -y install libjpeg-devel

# yum -y install libtiff-devel

# yum -y install libexif-devel

# yum -y install giflib-devel

これで configureも無事通りました

Configuration summary

* Installation prefix = /usr/local
* Cairo = 1.6.4 (internal)
* Text = cairo
* EXIF tags = yes
* Codecs supported:

- TIFF: yes
- JPEG: yes
- GIF: yes
- PNG: yes

NOTE: if any of the above say 'no' you may install the
corresponding development packages for them, rerun
autogen.sh to include them in the build.

コンパイルします。

# make

わ~~ エラーになちゃう

X関係のファイルがないみたいないのでグループでインストール

# yum groupinstall "X Window System"

# yum groupinstall デスクトッププラットフォーム開発

再度makeで無事maike完了

# make

# make install
# ldconfig

あれ ライブラリーが登録されていないみたい

# vim /etc/ld.so.conf

下記を追加

/usr/local/lib

再度 ldconfig

# ldconfig

登録されているか確認

# ldconfig -p

libgdiplus.so.0 (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libgdiplus.so.0

libgdiplus.so (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libgdiplus.so

次回 mono開発環境をコンパイル/インストールいたします

l

 

 

セカンドライフの関連記事
  • OpenSimをコンパイル(準備編)
  • りかのきままなブログ
おすすめの記事
セカンドライフ
CentOS6にOpenSimをソースからコンパイル/インストールしたいと思います。 まず、実行環境であるmonoをコンパイル/インストール...
OpenSim
いよいよ Opensimのコンパイルです これからは、専用ユーザーで作業します。 まずはユーザーを作成します。(例 hogehoge) # ...
セカンドライフ
仮想空間 セカンドライフにまつわる いろんな出来事や、オブジェクト作成/ツールの使い方をおもむくままにつづりたいと思います。...