前回に引き続き OpenSmの構築です

今回はmonoのコンパイル/インストールです。

# cd /usr/local/src

ソースはmono-projectのダウンロードよりソースを入手します。

注意:最新版のmono-2.11.3では、OpenSim実行時にエラーなります(原因確認中^^;)

# wget http://download.mono-project.com/sources/mono/mono-2.11.3.tar.bz2

# tar jxvf mono-2.11.3.tar.bz2

# cd mono-2.11.3

# ./configure --with-libgdiplus=/usr/local/lib/libgdiplus.la --prefix=/usr/local

# make

# make install

無事コンパイルできました

バージョンを確認します。

# mono --version
Mono JIT compiler version 2.11.3 (tarball 2012年 8月 19日 日曜日 12:02:28 JST)
Copyright (C) 2002-2012 Novell, Inc, Xamarin Inc and Contributors. www.mono-project.com
TLS: __thread
SIGSEGV: altstack
Notifications: epoll
Architecture: amd64
Disabled: none
Misc: softdebug
LLVM: supported, not enabled.
GC: Included Boehm (with typed GC and Parallel Mark)

次回 OpenSimのソースからのコンパイルを行ってみたいと思います

 

 

OpenSimの関連記事
  • OpenSimをコンパイル
  • OpenSimをコンパイル(準備編その2:mono)
おすすめの記事
セカンドライフ
仮想空間 セカンドライフにまつわる いろんな出来事や、オブジェクト作成/ツールの使い方をおもむくままにつづりたいと思います。...
セカンドライフ
CentOS6にOpenSimをソースからコンパイル/インストールしたいと思います。 まず、実行環境であるmonoをコンパイル/インストール...
OpenSim
いよいよ Opensimのコンパイルです これからは、専用ユーザーで作業します。 まずはユーザーを作成します。(例 hogehoge) # ...